スキンケア

私の母は、顔を朝洗う時、石鹸や洗顔フォームといったものを使いません。

母は水以外のものを使わずに顔を洗う人なんです。母は、洗顔フォームを使って顔を洗うと、貴重な皮脂が全部落ちてしまってお肌の健康に良くないから水だけでいいと、石鹸不用説をよく言いますよね。

そんな母はですが、65歳という年齢を感じさせずつるつるしていますよね。

敏感な肌な場合化粧品を選択するにしてもどうして良いか迷いますよねよね。
特に肌に塗ることの多いクレンジングはますますです。鋭敏な素肌に勧めたいのがメイク落とし用の乳液です。
これだと肌への影響が少ない。商品量が多数なので、皮膚も張りにくいですし、潤いも保たれた状態でいられます。

とにかくキメ細かい美しい肌を維持するには保湿することがすごく大切になります。水分の足りない肌の方は日々の基礎化粧品でしっかり保湿してくれるタイプを選んで肌にたっぷり水分を与えてあげましょう。ちゃんと顔を洗ったらすぐに化粧水をつけて肌に水分を与えて、それが終わったら乳液やクリームで潤いが続くようにしましょう。
肌のカサカサが気になる場合には、セラミドを補うようにしてちょーだい。

セラミドという物質は角質層における細胞間の様々な物質と結合している「細胞間脂質」です。

角質は角質細胞が複数層重なっていて、これが細胞同士を糊のごとく結合させていますよね。
それが、表皮の健康を保つ防護壁のような機能もあるため、足りなくなると肌の状態が荒れてしまうのです。繊細な肌の人は、W洗顔不要の化粧落としなどで洗うと、余計な油脂が残らずにすみますし、爽やかになります。それでもメイク落としと洗顔フォームの両方を使いたい場合には、ぬるま湯を少しかける程度にしましょう。デリケート肌は、肌の状態が変化しやすいので、その変わり方に柔軟に対応していくことが大切なことです。