知らなかった!インプラントの謎

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。入れ歯や差し歯に換る技術として注目されているインプラント。

その義歯には、さまざまな形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、制作を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。美的センスに加えて、熟練したスキルをもち合わせていなければなりません。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるという訳ですね。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じると言われています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大切です。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状もつづく場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

大至急歯科医にかかってちょうだい。

「インプラントとクラウンのちがいは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウン治療が出来るようになるんです。
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)であるインプラントを用いた治療になります。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプに分類することができます。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってちょうだい。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優るというべきだといえるのです。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯のことです。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。